2011年01月19日

【虎の穴検定】タイガーマスク・あしたのジョーほか梶原一騎原作

琵琶湖の畔、ひこにゃんが住む町(滋賀県彦根市)在住
経営コンサルタントキャリア・コンサルタントです。

タイガーマスクのアニメ、よく観ていました。
何回も再放送されてたと想います。
何回も観ていた記憶があるので。

2級キャリア・コンサルティング技能士(国家資格)
よりも難しい(笑

  虎の穴(タイガーマスク)検定

受検しました。(笑





ずいぶん大人になってから読んだ、漫画本の
方のタイガーマスクの哀し過ぎる結末。。。
梶原一騎氏原作ゆえ、
あり得ることではありましたが、、、
あまりにも悲し過ぎます。

さて、タイガーマスク運動に関しては、
日を改めて記したいと想っています。



滋賀BLOG  滋賀の情報交差点
  伝えてよし 知ってよし 結んでよし

            


  





梶原 一騎(かじわら いっき、1936年9月4日 - 1987年1月21日)

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋
http://ja.wikipedia.org/wiki/梶原一騎

日本の漫画原作者、小説家、映画プロデューサー。本名は、高森朝樹(たかもり あさき)。高森朝雄(たかもり あさお)の筆名も使用した。格闘技やスポーツを題材に、男の闘う姿を豪快に、ときには繊細に描き出し、話題作を次々と生み出した。自身の破天荒な生き方や数々のスキャンダルでも話題を呼んだ。

1966年から『週刊少年マガジン』に連載された漫画『巨人の星』の原作者として名声を上げ、以後『あしたのジョー』(高森朝雄名義)、『タイガーマスク』など、所謂「スポ根もの」分野を確立した功績をはじめ、多くの劇画・漫画作品の原作者として活躍した。

弟は漫画原作者、空手家の真樹日佐夫。妻は高森篤子。離婚期間があり、その間台湾のトップスター、白冰冰(パイ・ピンピン)とも婚姻関係を結ぶ。白との間に娘・白暁燕(パイ・シャオイェン)がいた。


経歴

生誕は、九州説や熊本説、浅草説があるが、どれも未確定。弟の真樹日佐夫氏は2011年のインタビューでも「浅草ではない。」「熊本ではない。」とそれ以上は絶対に答えなかった。[1]。梶原が九州出身、熊本出身とされることも多い[2][3][4]。梶原自身は九州との関わりは宮崎県への1年の疎開と福岡県小倉市(現在の北九州市小倉)の親戚の家へ預けられたという程度である[5][6]。

東京都立芝商業高等学校中退(本人は長らく早稲田大学卒と詐称していた。例えば、ごま書房刊の「息子の鍛え方」の裏表紙には、早稲田大学卒業と記述されていた)。父の高森龍夫は、梶原の出生当時、中央公論社で校正の仕事に従事していたが、のちに改造社へ移り、編集者として活躍する。また弟の真樹日佐夫や妻の篤子によれば、梶原の両親は弟などには愛情を注いでいたのに対し、梶原にはいくら頑張っても認めようとはしなかったという[7]。

もともとは文学青年で小説家を志していたが[8]、生活のため『チャンピオン太』などで漫画の原作を担当する日々を送っていた。『週刊少年マガジン』の当時の編集長・内田勝と副編集長・宮原照夫が梶原の元を訪れ「梶原さん、マガジンの佐藤紅緑(少年小説の第一人者)になって欲しいんです」と口説かれ『巨人の星』の原作を始めたところ、これがヒットとなったため、以降は漫画・劇画の原作に本腰を入れて取り組むようになった。

1971年に『空手バカ一代』を発表、大山倍達率いる極真空手を世に紹介した。『地上最強のカラテ』など、極真空手のプロモート映画も多数制作している。『チャンピオン太』など、実在する格闘家をモデルにした作品も多い。

1976年からは映画の制作に乗り出した。梶原原作漫画のアニメ化で親交のあった東京ムービー社長の藤岡豊、石原プロモーションで映画のプロデュースを行っていた川野泰彦と「三協映画」を設立した。「三協」の意味は「三人で協力する」という意味合いである。三協映画では、文芸路線、格闘技路線、梶原原作漫画のアニメ化の三つの路線があったが、経営的には格闘技もので上げた収益を文芸もので使い果たすことの繰り返しであった。なお、1977年に自身の原案をもとに、鈴木清順監督に10年ぶりの作品『悲愁物語』をとらせている。

自身の漫画から産まれたキャラクター「タイガーマスク」が現実に新日本プロレスでデビューしたことが契機となって、梶原は1980年代から、かねてから縁のあったプロレス界にも深入りするようになる。

評価と影響力

昭和40年代(1965年から1974年)に入るとテレビが一家に1台は普及するようになり、テレビ文化は大衆化された。梶原作品の多くは、アニメ化または実写化されテレビ放映し人気を博した。またテレビによる宣伝効果で原作の売り上げも伸びた。

漫画界においては、手塚治虫が手がけずに傍流になっていた熱血とスポーツと格闘技の世界を復権させて、多くの模倣作を生み出したことで主流の地位まで引き上げた。少女漫画の世界にも梶原の影響は及び、『サインはV』『アタックNo.1』といったスポ根ものが人気を博した[22][23]。

一方では映画作りにも注力しいくつかのヒット作を世に送り出した。格闘界ではアントニオ猪木の異種格闘技シリーズに代表される試合にも、仕掛け人的な役割を演じ強い影響力をもたらした。

だがその一方で「カポエイラはずっと逆立ちしたまま闘う格闘技」「ブルース・リーは極真空手を習っていた」等の、誤った説を自著で発表したこともあり、今でもそれが定説となってしまっているものもある。梶原的ファンタジーの頂点とも言える『プロレススーパースター列伝』が、前記のような誤った説(というより意図的な創作)の集合体であるのは、多くのプロレスファンの知るところとなっている。

また、梶原一騎戦後民主主義の男女平等、平和主義、暴力否定、家父長否定、子どもの人権尊重、優しい家族などの風潮に激しい怒りを感じてそれらを拒絶し、それらと正反対の世界を描き、「古い日本」を死守していた模様である。それが学園紛争の時代に団塊世代の学生たちに支持され、大ヒットしていったことは「戦後日本の文化における矛盾」であるという(小林よしのり『挑戦的平和論』・漫画論の下欄外、『巨人の星』文庫巻末の呉智英による評[24])。

1983年の逮捕事件により、梶原個人は一時的にはマスコミ界から抹殺に近い状況まで追い込まれ、作品の評価も失墜した。梶原の暴力癖は傲岸不遜というより、収入が跳ね上がっても一向に上昇しない自らの社会的地位(銀座に繰り出しても小説家を迎える態度では無いと本人は感じていた)、小説家志望の自分に、常にヒットを要求する漫画編集者などへの怒りや苛立ちが引き金になった物が多く、ひどい時には女性を巡るトラブルから、鉄拳を実弟の真樹、幼馴染、ホステスに向けたこともあった。

また、梶原がコワモテだった理由について、ライターの竹熊健太郎は、漫画制作において、原作は叩き台と思われており、そうでもしないと個性がなくなるからではないかと推測している[25]

小林よしのりは自分の漫画(格闘お遊戯)で梶原一騎をもじった登場人物を出して茶化したことに対し、梶原は「自分にはギャグは書けない」としてギャグ漫画家に敬意を持っており、事なきを得たという。そのためか、ギャグ漫画の巨匠・赤塚不二夫とも飲み仲間であり、赤塚に対し、一目おくことがあった(『人生これでいいのだ!!』1999年・集英社刊)。小林よしのりは『新ゴーマニズム宣言』で「白鳥が美しく見えるのは水の中で必死に足で水を掻いているから」という花形満の台詞を引用し、「梶原一騎からはいっぱい学んだ」というコメントを書いている。

備考

* アニメ『ルパン三世』劇場版第1作『ルパン三世 ルパンVS複製人間』で、赤塚不二夫と共に声優を務めた。
* 赤塚不二夫・著『人生これでいいのだ!!』(1999年・集英社刊)の中で梶原一騎とのゴールデン街で飲み歩いた思い出を披露している。
* 『グラップラー刃牙』の著者・板垣恵介は、川原正敏、猿渡哲也との三大人気格闘漫画家の座談会で『柔道一直線』の地獄車や『あしたのジョー』の金竜飛の挿話を例に上げて「梶原一騎さんは、思い込みの天才」と評している。(『格闘技マンガ最強伝説』1996年・福昌堂刊より)
* 『週刊少年マガジン』2008年9月17日号の『青春少年マガジン』の作品の中で若き日の著者・小林まことが講談社のパーティーにて梶原との初対面のシーンが描かれている。
* 『週刊プレイボーイ』2008年10月13日号のTAJIRIとキン肉マンの原作者・嶋田隆司(ゆでたまご)との対談の中で嶋田は、子供の頃、梶原作品に影響を受けていたことを披露。またTAJIRIも「梶原一騎は自分にとって神のような存在」であることを明かしていた。
* 『映画秘宝』2010年5月号の萩原健一インタビューにて、萩原が大麻事件で勾留されていた時期に、同じ留置場の別の房に梶原も(副編集長への傷害事件で)勾留されていたことを披露しており、たまたま屋上で遭遇した時に梶原が小さく見えたと印象を伝えている。
* 『笑っていいとも!』の「ご先祖様は有名人」のコーナーで梶原一騎が取り上げられ、司会のタモリが「俺はこの人に3回会ったことがある。」と述懐していた。またこのコーナーでは、毎回ご先祖に縁のあるゲストが登場し、今回は復縁後に誕生した末っ子(三男)・誠樹が出演し、昔から梶原一騎によく似ていると云われていた水曜レギュラーの柴田理恵から父親の印象について尋ねられると「いや、怖いです。」と答えていた。
* 晩年の夫人、白冰冰は台湾のトップスターで、現在でもファンの自動車に肖像画が描かれるほど敬愛されている。2人の間に生まれた娘・白暁燕は、梶原の没後の1997年に身代金目的で誘拐され、惨殺された(17歳没)。

主な作品

* チャンピオン太(絵:吉田竜夫)
* 空手バカ一代(絵:つのだじろう・影丸穣也)
* タイガーマスク(絵:辻なおき)
* タイガーマスク二世(絵:宮田淳一)
* 悪役ブルース(絵:峰岸とおる)
* 新戦艦大和(絵:団鉄也)
* 巨人の星(絵:川崎のぼる)
* 赤き血のイレブン(絵:園田光慶)
* 朝日の恋人(絵:かざま鋭二)
* 愛と誠(絵:ながやす巧)
* おとこ道(絵:矢口高雄)
* 侍ジャイアンツ(絵:井上コオ)
* あしたのジョー(高森名義・絵:ちばてつや)
* 夕やけ番長(絵:荘司としお)
* 四角いジャングル(絵:中城健)
* ジャイアント台風(高森名義・絵:辻なおき)
* 紅の挑戦者(高森名義・絵:中城健)
* プロレススーパースター列伝(絵:原田久仁信)
* カラテ地獄変(絵:中城健)
* 新カラテ地獄変(絵:中城健)
* キックの鬼(絵:中城健)
* 柔道一直線(絵:永島慎二)
* 男の星座(絵:原田久仁信)
* 人間兇器(絵:中野喜雄)
* 恋人岬(絵:牧美也子)
* 柔道讃歌(絵:貝塚ひろし)
* 甲子園の土(絵:一峰大二)

※(Sou-Kei注)色つきの作品はよく観てました。

著作

* 『地獄からの生還』(自伝的エッセイ)ISBN 4877285075
* 男たちの星
posted by 形而 at 07:31| Comment(0) | ・一枚の写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

みんなのぱど:身の回りのハート フォトラバ:とびきりスマイル

琵琶湖の畔、ひこにゃんが住む町(滋賀県彦根市)在住
の 経営コンサルタントキャリア・コンサルタント
2級キャリア・コンサルティング技能士)です。

座右の銘は、『無限への挑戦』です。(微笑
一人娘(一歳4ヶ月)との三人家族です。

さて、

滋賀BLOG  滋賀の情報交差点
  伝えてよし 知ってよし 結んでよし

にも、魅力あるサービスが沢山ありますね。
折角なので、閲覧するだけでなく、
可能な範囲で参加していきたいと想います。

という訳で、手始めに、

 フォトラバ

   写真(フォト)のトラックバック?

 みんなのぱど

   滋賀県の情報誌ぱどnaviマガジン
   が実施するテーマ別の写真投稿サイト

への投稿にチャレンジしてみます。
はてさて、うまくいきますか、、、

フォトラバ

 テーマ: 我が子のとびきりスマイル(^^)♪

 みんなのぱどでは、目に入れても痛くない(!?)
 お子様の写真を募集しています☆
 素敵な笑顔お待ちしておりま〜す*:.。☆..。.(´∀`人)

みんなのぱど

●身の回りのハート

 あなたの身の回りにある
 “ハートに見えるもの”を投稿して下さい♪
 例えば…ハートの雲や、ハートの葉っぱ等
 お待ちしております


(備考)

我が子のとびっきりスマイル お出かけ編

 好評につき「我が子のとびっきりスマイル」
 がお出かけ編として再び登場!
 お出かけ先での我が子のとびっきりの
 スマイルをぜひ投稿して下さい!

の方は、お出かけ先じゃなかったので、今回はパスしました。

ちなみに、みんなのぱど ●身の回りのハート
への応募の際のコメントは、、、

(コメント)

ハート−愛− 母と娘
二人の髪(愛)が重なって


(備考)

偶然撮れたハート溢れる一枚です。
二人の髪の毛が合わさってハートに見えます。



 滋賀BLOG  滋賀の情報交差点
   伝えてよし 知ってよし 結んでよし

       


  
posted by 形而 at 18:33| Comment(0) | ・一枚の写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。